子育て支援事業


北海道サマーキャンプ

 
 
北海道サマーキャンプは終了しました

全10回で計画・実施してきました北海道サマーキャンプは無事終了いたしました。期間中ご協力頂きましたボランティアの皆様、北海道森町の皆様、ありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
夏休み中などに通常の放課後活動や土曜日活動に準じた活動も検討し、一部試行も行いました。その結果、休み中に児童を伴っての登下校は保護者に負担であること。長期休業中の学生ボランティア確保の困難などの課題がありました。

そこで、長期休業中はこの期間でなければできないこと、そして保護者の期待することを検討し、長期キャンプと進路に関するキャンプ実現の方策を検討・実施しました。

夏休みを利用した15日間のキャンプ

デフファミリーと呼ばれる聾保護者の家庭を除くと、聴覚障害児は地域はもとより家庭内でも十分なコミュニケーション環境が提供されていません。このサマーキャンプでは、指導員も聾者又は手話のできる聴者が担当し、コミュニケーションの質と量を24時間提供することができます。キャンプが終了して帰京する子どもたちの顔からは、みな成長がうかがえます。

受け入れ施設の検討

複数の候補地(国立少年自然の家、民間の旅館、NPOが管理する廃校施設など)を実際に訪れて、施設の状況、安全対策、教育効果など検討しました。ハード面の問題、ソフト面の問題など多方面から検証、試行した結果、森少年自然の家での実施となりました。

複数の候補地から森少年自然の家を選んだのには何が?

関東信州エリアでの実施も検討しましたが、北海道森町で実施することになった理由として次のようなことがあげられました。

北海道という地の非日常性

往復、船舶や航空機など利用した非日常体験は、子どもたちの好奇心や探究心を刺激します。来年度は北斗星号で行く計画です。また、少年自然の家など宿泊施設がお膳立てする体験だけではなく、森町とその周辺に広く点在する資源を活用できる。これは地元のNPO法人「森の仲間たち」の支援によるもので、これなくしてはキャンプの中身が味気ないものになってしまいます。地権者の方の協力で林の一部を伐採、玉切り、炭焼きまでの一連の作業を実体験する。農業体験や酪農体験なども観光農園ではなく、地元農家の方の協力で実現しています。レンタカーの運転や送迎なども地元ボランティアさんの協力で実現しています。その他、道立森高校手話部の協力、道立函館ろう学校との交流なども行います。

 
 
 
 



本ホームページの記載内容について無断掲載を禁じます。すべての著作権はNPO法人大塚クラブ又は原著作者に帰属します。
This website and all images are protected by (C) Copyright 2002, Otsuka Club NPO.
ホーム 保護者教室 リンク集 サイトマップ このサイトについて